suriブログ

主に美容や健康がメインの記事です。

丸顔の原因を見極めよう!これで改善できるかも?

f:id:sleepy4470:20190209201121j:plain

 

 

こんにちは!今回は体は普通なのに丸顔過ぎる、、、と悩みを持ったかたがいると思うので、それについてお話ししたいと思います。

丸顔の改善方法を探す日々

実は僕もその一人で、一時期ダイエットをして体は細かったのですが
まわりから、丸顔だねってさんざん言われ

たしかに鏡や写真を見ると丸顔なのが自分でもわかりました、、、


だから実際の体重より重くみられていて

そのショックから狂ったように顔やせの方法をネットサーフィンをしました(笑)

マッサージ、器具を使ったもの、顔の体操、汗を流すなど
それぞれ時期に分けて試してみました。

その中で目に見えて効果のあったものをご紹介します。

 

結局、丸顔の本当の原因はなに?


丸顔の主な原因は頬の脂肪云々よりもエラが張っていることが原因である場合が多いです。

 

エラが張るというのも2パターンあり

1骨が出っ張っているタイプ


2咬筋(噛むときに使う筋肉)が発達しているタイプ

 

1つ目は髪型などでカバーしたり骨を削るなどしか改善する手段がありませんが


美容外科の先生は8割方の人は咬筋(噛むときに使う筋肉)が発達しているせいでエラが張ってしまい丸顔になるとおっしゃっていたので大体の方は咬筋が原因みたいです。

つまり大体の人が丸顔を改善できることになりますね。

 

手軽な改善方法

そして、この咬筋が原因の丸顔は手軽に改善する方法がありました。

 

主にここの筋肉は噛むことや、歯をくいしばることで発達するので
日中に集中しているときなど無意識にやっている方は、くいしばらないように
意識してみるといいかもしれません。
とはいえ、日中は大した問題ではなく睡眠時の歯ぎしりが原因で
エラを発達させてしまっています。

 

ここで、睡眠時の歯ぎしりに対して最強のアイテムがあります。
それは「マウスピース」です。

「え、格闘家とかがつける、あれ?」と思うかもしれませんが種類が違います(笑)

 

これをつけて寝ると歯ぎしりがなくなるわけではないんですが、簡単に言うと

上の歯と下の歯のクッションになり歯ぎしりによる衝撃を和らげ咬筋や顎への負担を少なくするという感じです。

しかもこのマウスピース、歯医者で保険適用内で作ってもらえて、僕はここ2か月くらい
睡眠時は必ずつけているのですが自分で見ても、明らかに輪郭がシュッとなり
体重は変わっていないのに友達に久しぶりに会うと、「あれ痩せたね、顔がすっきりしてる」
と言われるようになったので効果は絶大でした。

市販にも自分で作るマウスピースが売っていて、値段的には歯医者で作るより

安いのですが試しに作ってみたら全然うまくできないし(下手なだけかも)
逆に噛み合わせが悪くなるようなので歯医者で作ってもらったほうが
確実です!気になることもその歯医者に質問できますので!

 

最初マウスピースをつけると少し違和感があるかもしれませんが
すぐに慣れると思います。僕はむしろマウスピースがないと

がたがた震えるほど落ち着きません(盛りました)

 

 ちなみに、咬筋か骨か、どちらが原因か見極める手軽な方法としては
噛むときに出っ張ってくる筋肉(咬筋)を触りながら
思い切り噛みしめてみて、ボコッと膨らむようなら
咬筋が原因で、丸顔になっている確率がかなり高いです、、
鏡を見ながらやると、より分かりやすいと思います!

 お試しあれ~