suriブログ

主に美容や健康がメインの記事です。

高い声の出し方(ミックスボイス)男性編 地声が低くても大丈夫!

 

 

 

こんにちは!すりーぴーです。

 

カラオケなどで自分の歌いたい歌が高くて

気持ちよく歌えない、又は苦しくなるということを

経験したことがあるとおもいます。

僕もさんざん、経験してきました。

そこで高い声が出るようになった方法を

伝授したいのですが

 

 地声が低くても大丈夫!

 

方法を説明する前に、まずは僕の地声の状況を知ってほしいのですが

僕の地声は平均男性の声より低いです。

 

なんでこんなことを言うかというと

よく動画サイトなどで紹介されている高い声の出し方

講座みたいなものが、あるんですが

紹介しているひと、大体地声が平均の男性より

たかいんですよね、、

 

個人的に、もともと高いんだから説得力に欠けるな、、、

なんて思っちゃいます。

 

 だから何がいいたいかというと

地声が低い僕でも高い声が、だせるようになったので

低い声の方でも大丈夫ということです。

  一般男性の地声の最高音

 

 あとどこから男だと高い声になるのかなと

思う人いるとおもうんですけど

これを見てください。

 

f:id:sleepy4470:20190211170124p:plain


この表の見方は簡単です。

音域の表なのですが、オレンジのマークのついている

hiAという部分が今男性アーテイストの中で主流になってきている

地声の最高音になっています。

例えば、有名な曲で言えばレミオロメンさんの「粉雪」の

サビの部分、こな↑ーゆきーの「」の部分にあたる音域です。

 

でも一般男性の地声平均最高音はmid2Fの部分なので

ここより安定して高い音域が出せるひとは音域が高い部類に入ります。

 

ミックスボイスとは

 

そしてここで「ミックスボイス」というものが登場します。

これはなにかといいますと、地声を限界まで張り上げると声が裏返り

裏声になるポイントがありますよね。

そこが喚声点という部分なのですが

その地声と裏声の喚声点を埋めてくれるのが

ミックスボイスになります。

さっきの音域の表で言えばmid2G~hiB、hiCらへんにあたります。

 

ミックスボイスを出す方法

 

僕がミックスボイスを出せるようになった練習方法は主に3つです。

 

千と千尋の神隠しに出てくるカエルの声を真似して出したらそのまま声を上げる

あの「千をだせ!」っていうセリフありますよねw

そしたら一回あの声のトーンでセリフを言ってみましょう。

そうすると発音しているとき手で喉を触ってみると

喉仏は低い位置にあるはずです。

それが確認できたら、その声のトーンのまま

せんの(せ)の母音の部分(え)を

伸ばして発音したまま声の高さを上げていってみてください。

 

どうですか?比較的高い声が楽に出た気がしませんか?

それがミックスボイスの感覚です。

その感覚を忘れないでください。

 

喚声点[mid2G~hiA]あたりの音域を、主に歌うアーティストの歌い方をまねする[好きなアーティストでも大丈夫です]

 

自分流で誤った高い声の発音を

習得してしまうと危険なので、すでにミックスボイスが

できているアーティストの歌い方をまねるっていうのも

有効な手段です。

僕はRADWIMPSっていうバンドが好きで

よく口ずさんでいたら

音域が結構広がりました。このバンドのボーカルの人も

高い声の人をまねして音域が広がったと言っていました。

 

女性曲をすべて裏声を使い歌いきる

 

ミックスボイスというのは、裏声を出すときにも使われる

輪状甲状筋を使います。

だから裏声を鍛えることはミックスボイスを鍛える

ということでもあります。

だから、ただ裏声を出し続けるっていうのも

いいんですが、飽きてしまうと思うので

曲を歌うっていう風にしたほうがいいかなと思います。

 

女性曲じゃなきゃだめ?と疑問に思うかもしれませんが

男性曲を裏声で歌ってみればわかると思います。

さっき言った、輪状甲状筋が発達してないため、地声に戻ってしまい練習になりません。

女性曲だとある程度の高さがあるので裏声の練習にはオススメということです。

もちろん、男性曲でも平均して高い音域の曲ならいいと思います。

 

慣れてきたら低い音域も挑戦してみてください!

 

最後に

 

カエルの真似はミックスボイスの感覚だけ分かればいいので

継続してやらなくて大丈夫ですw

でも安定したミックスボイスっていうのは一日で

できるものではないので、残りの二つは継続してほしいです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

皆さんがミックスボイスを習得できるように願っています!

では!!