suriブログ

主に美容や健康がメインの記事です。

3年間続いたアトピーが治ったわけ

f:id:sleepy4470:20190212175534j:plain

 

 

 こんにちは!すりーぴーです。

 

今回は、アトピーが発症したきっかけや、アトピーを治すためにしたことなどを

書いていきたいと思います。

 

発症のきっかけ

さいころから色々とアレルギーもちでしたが

特にアトピーになることはなく過ごしていました。

でも高校1年生の夏に、なんか腕の関節が痒いなーなんて

ことがあり、それがアトピーのきっかけでした。

原因は汗とストレスだったと思います。

 

病院でまさかの事実を突きつけられる

僕は当初、あせもだと思っていて

病院に行って診断を受けるとアトピーと診断されました。

でも言われた時は薬をつけてれば治るんだろうななんて

軽く考えていました、でもその直後に医者に告げられたのは

アトピーは一生治らない可能性もあります」でした、、、

 

そのころには首から上以外はところどころが

痒くなっていて、これが一生続くなんて

まじかよ、、と絶望でした。

 

そして、ステロイドと飲み薬をもらい

しばらく使っていて夜塗ってからしばらくすると

痒みが薄れるんですけど、朝起きると、もう痒いんですよね。

そこでこのまま受け身の治療だけだと治らないと思い

自分でネットにあった、あらゆる情報を集め

かたっぱしから、試していきました。

 

結局アトピーに効果のあったものは?

結論から言うと食事療法でした。

まあ、療法っていうほどではないんですけどね

なにを食べると、どの部分が痒くなるとかっていう記録をつけて

痒くなったものは食べないようにするか食べたとしても

たまに、という感じにそれを継続していった結果

いつのまにか薬いらずな程になっていました。

 

個人差はあると思うんですけど一応

摂取すると痒くなったものを紹介します。

 

乳製品(牛乳,チーズ,ヨーグルト)など

砂糖が多く含まれたもの(アイス,ジュース,おかし)など

タンパク質が多いもの(肉,プロテイン) など

・油分が多いもの(肉,揚げ物,中華料理)など

・合成甘味料がおおいもの(0カロリーのジュース)など

 

こうやってみると、結構痒くなる食品多いですよね。

食べたいものを我慢するって結構きつかったです。

 

 

逆に痒みに効いたのは

水を多く摂取するようにした。(1日に最低1.5ℓ以上)

納豆、豆腐を毎日かかさずとりつづけた。

睡眠時間を多くとるようにした、

です。

納豆、豆腐はなにか根拠があったわけでは

ないんですが痒みには効果を感じました。

またいつか再発されたら嫌なので治った今もずっと摂取しています。

 最後に

でもあれですね。あれもこれもと詰めてやりすぎると

ストレスを感じてしまいますよね。

だから、心がけるだけでもいいと思います。

 

そうしてこの記事がきっかけで少しでも良くなる人が

いたら、いち経験者として嬉しいです。

 

この記事を読んでいただきありがとうございました。