suriブログ

主に美容や健康がメインの記事です。

誰でも出来る地声を高くするのに1番簡単な方法を紹介

 

初めに

皆さんは、地声が低くてキーが高めの曲が歌えないって

思ったことがあると思います。

特に男性などはその傾向が顕著だと思います。

 

僕自身、友人などから地声低いよねと多々言われますが

カラオケで歌うと、「地声低いのに、なんでそんなに高い声がでるの?」と

驚かれたりします。

 

そこで、今回は地声が低い僕がどうやって高い声を

手に入れたのか紹介したいと思います。

 

 

とりあえず好きなアーティストのマネをしまくれ!

この方法にはしっかりとした理由があり、例えば高い声の出し方とかで検索すると

ミックスボイスやベルティング発声など専門用語が

ズラリと並びますがとりあえず初心者の場合だと

そういったものは気にしなくていいです。

 

なぜかというと、文字で書かれた抽象的、感覚的な

表現では体得するのが難しいし、誤った発声を身につけてしまうと

それが癖になって喉を傷めてしまうからです。

 

そこで僕がオススメするのは好きなアーティストのマネをすることです。

なぜ、この方法を推奨するかというと

やはり、プロの歌手というだけあって先ほど述べた

ミックスボイスで発声していたり、曲の中で抑揚が上手く使われていたりという

ことができていて

アーティストのマネをすることで自然と、そういった技術が

身に付きやすいからです。

 

練習方法

まず音程や息継ぎのタイミングなども、しっかりと聞くために

イヤホンは必須です!

 

そしたら、歌手が歌うのに合わせて小声で歌います。

小声っていうのが超大事です!

なぜかというと、例えばキーが高い曲を歌う時に小声では出るんだけど

カラオケなどのある程度、声量が必要な場所だと出ないという

経験をした方がたくさんいると思います。

 

この現象は高い音を出すときに必要な筋肉(輪状甲状筋)が

未発達な場合に起こります。

つまりこの筋肉が未発達だと大きな声で高い音をだすことができず

少ない筋量で発声できる小声では高い音が出る訳です。

 

だから小声で歌うこと喉に負担をかけない発声と同時に徐々に輪状甲状筋を

鍛えられるのでオススメしています。

 

 

もっと輪状甲状筋を効率的に鍛えるには?

 

ここまで読んだ方は高音を出すのに必要な輪状甲状筋の

大切さを分かってもらえたでしょうか。

 

そこで輪状甲状筋に更に特化した練習があるのですが

女性曲を裏声で歌いまくることです。

これは裏声を出す際、輪状甲状筋がかなり優位に働くため

高音に焦点をあてた練習になり非常に効率的だからです。

 

男性曲じゃダメなの?とおもう方がいるかもしれませんが

男性曲だと曲中の最低音が低い場合が多いので

裏声で歌うのには辛く、不向きです。

曲全体を通して高い曲ならアリです!

 

最後に

これまで紹介した練習をすれば格段にあなたの

音域は伸びていきます。

喉に不調がなければ毎日やっても問題ありません。

ただ、練習中に痛みが生じた場合は中断して休んでくださいね!