suriブログ

主に美容や健康がメインの記事です。

【食事改善】アトピーの原因となる食べ物に気を付けよう!

f:id:sleepy4470:20200709233636j:image

 

 初めに

 

アトピーって日常生活が辛くなりますよね。

未だに絶対に治すことの出来る治療薬はありません。

今、アトピーを患っていない方でもある日を境に発症してしまうケースも少なくないです。

 

ただ、数年アトピーが治らなかったにも関わらず、だんだんと治っていくというケースもあります。(僕もその一人でした)

もちろん薬療法も行っていましたが、生活面での食事にも結構気を付けていました。

 

やはり、摂取するとアトピーが悪化してしまう食品や栄養素ってあるんですよね。

 

そこで今回は僕の実体験も交えて、摂取を控えて欲しい代表的な食品を挙げていきたいと思います。

 

 

 

タンパク質

特に肉や牛乳などの動物性たんぱく質は痒くなります。

最近は、美容とか健康目的で摂取する人が多いプロテインアトピーを悪化させます。

実際、僕がアトピーだった時、筋トレ後にプロテインを摂取していましたが半端なく悪化しました、、、。(やめてからは少し落ち着いた)

 

本来、タンパク質は人間の体にとって重要な働きをするので摂取を奨励されていますが、アトピーの方にとっては逆効果になります。

対策としては、シンプルに豆腐や納豆などの植物性たんぱく質を摂取して、動物性たんぱく質は控えた方がいいです。

 

砂糖

正直、現代の生活から外すのは難しすぎる食品ですよね。

だから僕の場合は、食事では砂糖OKにしてジュース、お菓子、アイスなどの砂糖が多量に含まれている食品を禁止にしていました。(周囲の人が普通に食べたり飲んだりしているのを見て、当時は本当に悔しい思いをしましたが泣)

 

でもやっぱりその禁止生活はキツイという人もいると思います。

無理な我慢を続けて、ストレスが溜まりアトピーに影響がでると本末転倒なので、週に一回はOKみたいな感じにするだけでも十分効果はあります。

実践しないよりは全然マシです!

 

これも炒め物などをする時には外せないものですよね。

ただ、今サラダ油を使っている人はオリーブオイルに変えるといい変化が起きるかもしれません。

サラダ油にはリノール酸という成分が含まれていて、この成分は体内でアラキドン酸という物質に変化して、アレルギーや炎症を悪化させてしまいます。

 

その反対に、オリーブオイルにはオレイン酸という成分が含まれていて、肌の炎症を引き起こす悪玉コレステロールを排出して血液の新陳代謝を促進してくれる効果があります。

以上の理由から、オリーブオイルの方がサラダ油よりも好ましいのです。

 

僕はアトピーが治ってからもずっとオリーブオイルを使っていますが、やはり調子いいですね。

サラダ油を摂っていたときは背中にアトピーが発現しやすかったんですが段々と落ち着いていく感じがありました。

 

いかがだったでしょうか?

「うん、このNG食品たちは見たことあるな」と思った人も多いですよね。

とはいえ、なかなか制御するのが難しい食品たちです。

出来るところから改善していけばいいので、なるべくストレスフリーでいきましょう!

アトピーの方に少しでも役立てば幸いです。。